02
7月

ヒルズゴルフアカデミーでは 「ティーチングプロが全員TPI認定資格を取得しました」 また、「新たにレベルチャートを導入し、お客様の目標を明確にします」


■ TPIとは。

■ なぜTPIなのか。

■ レベルチャートとは。

■ カウンセリング&スクリーニングテストを実施させていただきます。


■ TPIとは:Titlist Performance Institute(タイトリストパフォーマンス研究所)

TPIとは、各人の身体的特徴が、ゴルフスイングにどのような影響を及ぼすか専門的に研究する世界的な教育機関で、アメリカ・カリフォルニア州にあります。

2003年の創設以来、PGAツアープロから週末の愛好家まで、あらゆる異なる体型、年齢、フィットネスレベルのプレーヤーのデータを蓄積。TPIは、その人の身体的特徴だけでなく、姿勢や柔軟性がゴルフスイングにどのように影響するか、そのメカニズムを分析し、どのように改善すべきかを研究しています。

この研究結果をもとにしたTPI認定プログラムも開発され、世界63ヵ国、19,000人を超えるTPI認定プロフェッショナルがいます。
世界ゴルフ先進国では、ほとんどのプロ選手がTPIの考え方を取り入れており、2011年USPGAツアー優勝の8割の選手が、TPIゴルフフィットネスプログラムを取入れています。


■ 私たちは「なぜ、いまTPIなのか」

私たちがお客様にゴルフ指導する際、注目しているポイントは大きく以下の3点です。

①アドレス時に、自然体に構えられているか。

②スイング中に、スムーズに体が捻られ、テンポよく振り、フィニッシュがとれているか。

③スムーズな体の動きに、手がついてきて、ゴルフクラブを通じて効率よくボールに力が伝わっているか。

実は3点はあまり複雑なことではなく、いかに体全体が自然体でスムーズに動くかに着目しています。

ヒルズゴルフアカデミーのお客様の多くは「お仕事等により体を動かす時間のない方」、「大人になりゴルフを始め、久しぶりにスポーツをする方」がほとんどです。お客様を拝見していると、正しい姿勢を作るための、頸椎・胸椎・腰椎の湾曲が正しくなかったり(=猫背)や、その回旋の制限が大きかったり、そのことが原因で、正しいスイングがしづらい方が大多数という結論に至りました。

私たちティーチングスタッフは、お客様にTPIスクリーニングテストを実施させて頂き、「お客様の身体的特徴(姿勢や関節可動域など)を認識した上で、その可動域を広げていくのか。今の可動域の中で、最善なスイングは何なのか。」をご提案できるよう、スタッフ全員がTPI認定資格を取得致しました。

ヒルズゴルフアカデミーでは、理想的なスイングは1つではなく、個々のお客様の身体的特徴を捉えて、お客様に相談した中で一緒に作り上げていくものと考えます。(※ゴルフ未経験者の方や初心者の方へは、一定のレベルまで1つの考え方でレッスン致します)

※写真はゴルフカウンセリングとTPIスクリーニングテストの様子

お申し込みはこちら


■ レベルチャートとは

ヒルズゴルフアカデミーは2020年、開業10周年を迎えます。スコアアップのために、120切や100切、90切など、各段階で一定の共通した重要なポイントがあると認識しております。このポイントをお客様とティーチングスタッフが共通認識をして、そのポイントを重点的に向上させることで、より早く目標達成に進むことができると考えております。

スコアアップのためには、フルスイングを作る練習だけでなく、パターやアプローチ、その実践としてコースでのレッスンやラウンド経験も重要です。また、体を動かすだけでなく、セミナーを通じて理論を理解し考え方を整理して頂くことも大変重要と考え、様々な角度から上達ポイントをお伝えしたく作成致しました。

レベルチャートを見る


■ カウンセリング&スクリーニングテストを実施させていただきます。

ご希望の皆様には、レッスンの前後の時間を使ってカンセリング&スクリーニングテストを実施させていただきます(ご来場が難しい方には、オンラインでの実施も検討中です)。所要時間は約15分で、腰、肩、肘などの可動域テストや、目標とその達成までのご希望時間等を伺わせて頂きます。

内容につきましては、フロントまでお問合せ下さい。

お申し込みはこちら